変動していく紙幣流通量

変動していく紙幣流通量

変動していく紙幣流通量 米中間の経済対立が激化してきている中で中国紙幣の流通量に注目が集まってきています。中国はかつてのイメージであった安い人件費をもって製品を作りあげて外貨を稼ぐから先進諸国並みの人件費へと急速に変貌してきています。そのような状況下で国内での紙幣流通量が2016年に急上昇しているのです。
この情勢の背後には何があるのでしょうか。中国では都市部における急速な発展によって不動産価格上昇による土地バブルが発生している状況となっています。こういった状況を放置しておけばやがてバブルの崩壊は明らかです。そこで政府は翌2017年には紙幣の供給量を締め付ける決定を下しました。バブル崩壊のリスクは軽減されるものと思われていたのですが2018年になりアメリカとの経済摩擦が激化してしまいました。激変の中国経済の状況下ですが、これからは中国紙幣の存在自体が激減していく予想が出されています。スマートフォンによる電子決済の普及によって紙幣の存在感がどんどん薄れていき世界初の紙幣発行停止の動きも予測されてきているのです。

中国紙幣を入手する方法

中国紙幣を入手する方法 中国紙幣に限らず、外国のお金を入手したいなら銀行で両替などを利用して入手するという方法が一般的です。また、これから中国に行くという人が、現地で使うために中国紙幣が欲しいということであれば、空港の両替などを利用して手に入れるという方法も良いでしょう。ですがこうした方法は実際に使うための中国紙幣が欲しいという人のための方法です。
使うのではなくコレクションとしてということであれば、古い切手や金券なども扱うリサイクルショップに行ってみるというのも良いです。昔のお金も手に入れることができますし、今では見ることが出来ない珍しい絵柄のものも見つけることができるかもしれません。こうした古い中国紙幣は歴史好きな人やコレクション好きな人に需要があるので、一般的な金融機関だけでなく買取専門店や古美術品を扱うようなお店も探してみるようにすると良いです。大量に見つけることは出来ないかもしれませんが、数枚なら手に入る可能性も高いです。

新着情報

◎2019/2/14

変動していく紙幣流通量
の情報を更新しました。

◎2018/12/10

中国紙幣の相場
の情報を更新しました。

◎2018/9/6

取引が期待できる種類
の情報を更新しました。

◎2018/8/10

サイト公開しました

「紙幣 経済」
に関連するツイート
Twitter

「命を惜しむがためにおかしな判断をするな!死ぬことを恐れなければ正しい判断ができる」。人生(限られた時間)の使い方から国際貢献、経済(国債・紙幣とは?)まで。ホント分かりやすくてためになる、最近で一番感銘を受けた動画だ! youtu.be/s1dvrbDrHl4 @YouTubeさんから

ベーシックインカムの原資は『お金という名の数字』。紙幣や硬貨が無くても電子マネー「数字」の遣り取りや帳簿上への数字の書き込みだけで済み、資源も労働も基本的には関係ありません。『配当された後は、市中の実体経済活動の問題』だからです。不正選挙はTPP、原発、ワクチン利権一神教の陰謀。

Twitterそよ風に舞う『桜』@Aipinc

返信 リツイート 昨日 23:09

紙幣と硬貨に使用期限がある世界(経済の根幹が変わる可能性

ベーシックインカムの原資と為る『お金という名の数字』は、実体経済とは別の仕組み。つまり『実体経済を支障なく動かす為に紙幣や硬貨が必要不可欠であり、その通貨を市中市場へ充分に万遍なく供給する為に、所得保障が、効率的で有用』な訳です。不正選挙はTPP、原発、ワクチン利権一神教の陰謀。

Twitterそよ風に舞う『桜』@Aipinc

返信 リツイート 昨日 20:09

返信先:@yuyawatase 昔、実体経済しか頭になかったので、紙幣辞めて小判にした方がいいんじゃないか、って考えてた私はリバタリアンでしょうか(笑)リバタリアンのつもりはないですが、減税と規制緩和の議論が日本は必要だと思う。

【bot】 国債は日本国政府発行の債券 紙幣は日本銀行発行の債券 政府が国債を発行し、それを以て日銀が債券を発行する。 我々は、日銀が発行する債券で経済活動をしている。

ベーシックインカムの原資は『お金という名の数字』で、製品やサービスを取引する実体経済とは、全く別の仕組み。『実体経済を支障なく動かす為に紙幣や硬貨が有り、その通貨を市中市場へ充分に供給する為に無利子融資と所得保障が必要』なのです。不正選挙はTPP、原発、ワクチン利権一神教の陰謀。

Twitterそよ風に舞う『桜』@Aipinc

返信 リツイート 昨日 17:09

ベーシックインカムの原資は『お金という名の数字』なので、製品やサービスを取引する実体経済とは、全く別の仕組みです。つまり『実体経済を支障なく動かす為に紙幣や硬貨が有り、その通貨を市中市場へ供給する為に、通貨を信用創造する』訳です。不正選挙はTPP、原発、ワクチン利権一神教の陰謀。

Twitterそよ風に舞う『桜』@Aipinc

返信 リツイート 昨日 14:09

"アベ政権の経済金融政策に限界が見え、ヘイトスピーチとネット上の炎上が日常茶飯事になった今の日本は、当時の米国と似ている点も少なくない。今回のドルインフルによるウィルステロは、特に米国内のドル紙幣流通量の高い時期に対する影響力を考えればかなり要注意ということになる。" #ディビジョン

Twitter鶏さん。@3/15 Washington D.C.@tri_san

返信 リツイート 昨日 10:41

【bot】 国債は日本国政府発行の債券 紙幣は日本銀行発行の債券 政府が国債を発行し、それを以て日銀が債券を発行する。 我々は、日銀が発行する債券で経済活動をしている。